蕎麦のまめ知識
日本では昔から「米、麦、粟、豆、稗(または黍)」を五穀と呼び、主要農作物として大事に扱ってきた。
しかし、蕎麦は「麦」という字を使っていても植物学的には麦とは違う種類に分類され、タデ科に属する雑草類と親戚関係にあり、穀物の中でも雑穀ことして扱われています。
そばは日本でもっとも古い作物といわれ、縄文時代の初期には栽培されていたと考えられており、やせた土壌でも約75日という短期間で育つ作物です。

そば75日たてば旧へ返る


そばは種を蒔いて75日で種にもどる
ほど生育が早い

蕎麦は穀物の中でも五穀に属さず雑穀として分類


蕎麦の種類は野生種を含めるとその数は数千種類にもおよぶといわれている。
その中で実際に食用とし栽培されている品種を分類すると「普通そば、ダッタンそば、
宿根そば」の三種類に大別される。



そばの種類は野生種を含めると数千種。
食用にしているのは3種類


 

トップページへ